So-net無料ブログ作成

初期A&G_03 [90’s ~]

res0018.jpg
A&G VIPER
A&G Viper Bangle

初期A&Gヴァイパーのバングル、何度かアクシデント
で真ん中から折れましたがその都度リペアしてもらい
今日までなんとか愛用中

※A&G ヴァイパー act.2
このラインは故ガボール・ナギー氏もデザインで何
らかの関わりがあったと言われていると書きました
のでそのゆえんを今回は少しばかり

このバングルのスネークモチーフのバージョン違い
の様なデザインが実は他ブランドにあります

kieselstein-cord (キーゼルシュタイン・コード)
http://www.kieselstein-cord.com/

1972年設立のアメリカ・ニューヨークをベースとし
て展開するファッションアクセサリーブランド

このブランドに故ガボール・ナギー氏が独立する前
ジュエラー&デザイナーとして勤めていたのではな
いかと言われています

kieselstein-cord snake で画像検索結果

そして類似するというか、ほぼそのまま別バリエー
ションと言っていいこのデザイン

今となっては真相はわかりませんが、色々と想像を
かきたてられる素材は揃っているのではと思います


※余談
96年当時それどこの?キーゼルシュタイン・コード
じゃないの!?ってたまに聞かれました(懐)

このバングルは01年に復刻版としてリリースされる
までは日本に数えるほどしかなかったみたいです

自分の腕のカタチに馴染むまで相当に苦労するの
でそのあたりが当初の流通にかなり影響していた
のかもしれません

RedEyes_Archive 007 [Archive]

res0017.jpg
TAILOR TOYO
SKULL T
Around 2002

YMS-07B [GUNDAM]

res0016.jpg
SDFC_STAGE2 グフ
ヒートロッドに耐えられるかな

RedEyes_Archive 006 [Archive]

res0015.jpg
ROLEX / GMT MASTER
Ref.16750 / 80~83
Around 2007

思案_20151022 [Other]

赤翼の民から見たホワイツとウエスコ

以前にホワイツもウエスコもとてもいいブーツなの
は理解していますが、と書いたので赤翼の民から
見た両者の魅力について少し掘り下げてみます

まずホワイツとウエスコの大きな魅力のひとつとし
てメーカー自身が受けてくれるカスタムオーダーが
可能という点があります

幾つかのベースモデルから色々と選択して自分好み
の1足にしていく楽しさはやはり素晴らしいです

★ホワイツの魅力
ある程度の重量がありますが、足全体をしっかりと
ホールドして足首から振り子のように1歩1歩踏み出
せるので負荷が少なく

また構造的に土踏まずの部分の盛り上がりが疲れ
を軽減してくれる作りになっています

モデルによって履き込むとワークブーツにも関わら
ず品というかとても綺麗な佇まいになります

腰痛持ちの友人はホワイツを履いてから、ブーツは
ホワイツ1択になりました(笑)

★ウエスコの魅力
こちらも結構な重量がありますが、なんといっても
その無骨さと耐久性の高さは素晴らしいです

個人差はありますが、履きはじめからブーツ内部に
空間性とクッション性で少し余裕がある感じなので
痛くなりずらいのも魅力です

★思案
本国で購入するとだいたいどちらのメーカーもRW
に+100ドル~200ドルの範囲で購入できます

自分の足のカタチに合うものを選べばどちらももの
凄くいいブーツです♪


最後になぜ個人的に自分の中でレッドウィングが今
でも一番なのかというと

やはり10代からずっと履いてきてるので履き慣れて
いるという点と、為替の影響で定価を上げた後でも
また為替が変動すればそれに合わせて定価を下げ
れる国内代理店さんその姿勢も大きいです

コストパフォーマンスを含め、メーカーを応援できる
要素が幾つかあるというのもまた魅力的です

初期A&G_02 [90’s ~]

res0014.jpg
A&G VIPER
A&G Viper Bracelet

初期A&Gのヴァイパーブレスレット、自分の中では
定番になっている1本

※A&G ヴァイパー
ガンズ&ローゼスのギターリストのスラッシュ氏
の当時の奥様レニー・スラン氏 (結婚期間 92-97)
が夫の誕生日プレゼントにするために蛇をモチーフ
にしたものをとオーダーしたのがはじまり

故ガボール・ナギー氏もデザインに何らかの関わり
があったと言われていますが、このラインに関して
は上記のスラッシュ氏の話も含めて全て真相は不明

当時正規輸入総代理店だった上野商会さん系列店
ではこのラインの取り扱いはなく、本国アメリカの
ショールームで購入するかセレクトショップで購入
するかのどちらかでした(懐)

※マニアックな話
初期のA&G VIPER のTバーはA&G リミテッド表記
の貼り付けのものでした、初期の丸カンも刻印があ
ったりなかったり結構アバウトな感じでした

VIPER 表記のTバーの一般流通は01年頃の復刻版
に一時期使われていました

また復刻版の方はモデルによって一回り小さいもの
も幾つかあったので、このシリーズの初期物を探さ
れる方は蛇の頭が全体的にぷっくりしたものを探さ
れるといいかと思います

RedEyes_Archive 005 [Archive]

res0013.jpg
Top page of image / TORA
Around 2003

赤翼の民 [90’s ~]

res0012.jpg
Redwing
MINK OIL & BRUSH

すこし時間にゆとりがあるそんな日はワークブーツ
のメンテナンスをするのもまた至福の時間

弾力のよい馬毛のブラシで丁寧にホコリを落として
から、ミンクオイルを指に馴染ませ、薄く薄く伸ば
しながらブーツに入れていきます

少し時間を置いてオイルを革に馴染ませたらウエス
(ボロ布)で軽く拭いて終了
※オイルドレザーの場合

赤翼の民としてレッドウィングの純正メンテナンス
グッズを愛用しています

この馬毛のブラシは、かの「アロハシャツ 薄墨桜」
の命名者であるヒゲさん(HN) からハワイのお土産
で頂きました(改めて感謝ッ)

頂いてから十数年は経ちますが、未だに現役で活躍
してくれるその頑丈さと使い勝手の良さ、ブランド
ロゴもきっちり入っているので愛着もまた一塩です

ホワイツもウエスコもとてもいいブーツなのは理解
していますが、自分にとっての一番は今だに履き慣
れ、なれ親しんだレッドウィングです(^-^)/

時には昔の話を [Other]

昔話(思い出したら更新予定 2017.11.18 追記)
ちょっとしたむかし話の共有、そんな時代もあった
なと懐かしんで頂いたり、文脈(コンテクスト)と
してよりアイテムを好きになって頂ければ幸いです

噂話は関係者談もありますが(笑)あくまで噂話と
して完全に正確ではないと解釈してください

※関係者談は直接ご本人から聞いた話になります。


初期A&G関連
☆アマール氏にギローム氏を紹介したのは日本人で
上野アメ横 舶来堂のオーナーさん(うる覚え)

☆A&Gを日本にはじめて紹介したのも舶来堂さん。

☆設立初期にA&G 刻印のないギロームネームのみ
の商品ラインナップがあった(懐)

☆インポートシルバーアクセサリーショップの老舗
パイオニア的存在のMIC EBISUさんが恵比寿に移転
する以前の店舗にてA&Gの取り扱いがあった(懐)

☆MIC別注モデルも存在した(うる覚え)

☆最初期のウォッチバンドにはカルティエの時計が
使用されていたが、アンティークを含めて保証書が
あるものが採用されていた(懐)

☆クロムハーツと共通したギミックパーツがあった
(ギローム在籍の為、同じ仕様があったものと推測)

☆丸カン&Tバーも幾つかの種類があった(懐)

☆全く刻印が入っていないものもあった(懐)

☆故ガボール・ナギー氏がデザインを提供したものが
幾つかあった(懐)

☆日本ではウォレットを単品では買えない時期が
あった(ウォレットチェーンとのセット販売かまたは
ウォレットチェーンの所有者が対象 懐)

☆初期のガボラトリーとも共通したパーツがあった
(ギローム在籍の為、同じ仕様があったものと推測)

☆ガボラトリーのモチーフをデフォルメ、ミニチュア
化したパーツで組んだアイテムがいくつかあった
〔ex ヌードル、バトルアックス等〕

☆リミテッドの中には実際にナンバリングが入った
アイテムもいくつかあった(懐)

☆ガボール・ナギー氏が亡くなってからほどなく原型
をアマール氏が買い取ったという噂があった(懐)
[原型の一部を購入、後にA&G for Gaborとして発表]

☆初期のアイテムで廃盤になった後、ライオンハート
名義で再リリースされたものが幾つかあった(懐)

※当方A&G初見 1995年 心斎橋ロイヤルフラッシュ


ガボール関連
☆ブランド設立当初にはリングの定番ラインナップが
なかったらしい(噂話)

☆故ガボール・ナギー氏の向かいの家にギローム氏が
住んでいた時期がある(噂話)

☆商品ラインナップにかなり大きいなピアスとイヤリ
ング的なものがあった(懐)

☆円筒型Tバー(チゼルド ボートリンクパーツ付)を
ギロームロックと呼んでいた時期がある(うる覚え)

☆旧カタログはリック・マーベリック氏が制作に携わ
っていた、カタログ制作当時に商品として実際に制作
されていない組み合わせのものも中にはあったらしい
(噂話 リック氏談)

☆旧カタログ掲載のTバーは合成で当時実際には存在
しないものだったらしい(噂話 リック氏談)

☆故ガボール・ナギー氏は来日経験有り(うる覚え)

☆制作作業の合間のおやつで人気のクッキー(クッキ
ー缶)があったらしい(噂話)

☆スカルプテッドオーバルには幾つかデザイン違いの
バリエーションがあった(懐)

☆キングベイビーとガボールのダガーには元ネタにな
ったソード(剣)が存在する

ダガー(通称 バターナイフ) エピソード 
1.キングベイビーのミッチェル氏が剣を元にダガーを
作成して「いいだろ」と故ガボール氏に見せる

2. おっ!いいなソレ ちょっと貸して →折って自分の
スカルをつける

3.コッチのがカッコイイだろ(ドヤッ)と豪快に笑う
(噂話 ミッチェル氏談)

☆酒は人類の友、だから飲むんだ(噂話 リック氏談)

☆キラーコレクションという一切燻しの入っていない
アイテムが存在した(懐)

☆コネがないと買えない時代にブラックフライのCA
かLAの店頭に幾つか置いてあったらしい(噂話)

☆刻印が一切入っていないものが存在した(懐)

☆代官山デモデ店長とストップライト開店をかけもち
していた頃の高山氏がストップライト店頭で真っ黒に
燻したガボールを幾つか販売していた(懐)

☆Tバーを単品で買えない時期があった(懐)

☆一部裏抜きされていないキーパーがあった(懐)

☆ウォレットのクロスインレイのクロスのデザインは
Van Amburg Leathersのジェリー氏のものがその
まま採用されていたらしい(噂話)

☆三角バングルはスペシャル扱いで一般には通常
オーダーできない時期があった(懐)

☆サンプルでの噂があったが、亡くなってから数年
経って一般流通、定番化した商品がある(懐)
〔ex ドックタグ、ミニチュアシリーズ等〕

☆工房スタッフや関係者のみに配られたギフト的な
アイテムがいくつかあったらしい(噂話)

☆キーパー裏のフック形状も幾つかバリエーション
があり、S字状のものにも湾曲が大きなものや緩や
かなものなどがあった(うる覚え)

☆亡くなって暫く経ってから(確か2年前後)比較的
大きな値上げがあった、生前から残っていた店頭
在庫の方が安く買えた今思えば夢のような時期も
あった(懐)

☆中期から後期にリード氏の他にも技術的に優れた
女性スタッフが在籍していたらしい(噂話)

☆スターリングシルバーよりも純度の高いシルバー
を使っていた時期があった(懐)

☆商品としての正式リリースはなかったがサンプル
でレザーパンツやレザーシャツ等もあった(懐)

※当方ガボール初見 1993~94年頃 名古屋 B’2nd

---------------------------------------------------.
初期A&G ブランド コンテクスト(文脈)

A&G 
設立1994年

共同出資 アマール・ゲソース氏
     ギローム・パジョレック氏
     エビー・ハルニアン氏

前身からの流れ
1989年アマール氏がモンタナストリートウェア社を設立。主にレザーグッズの企画、卸し、販売業務。その後エビー・ハルニアン氏がビジネスパートナーになる(その頃インディアン・モーターサイクルのライセンスを取得)レザーウェアの販売を強化、1994年ギローム氏が入社、モンタナストリートウェア社内の一ブランドとしてレザーウェアとシルバーアイテムに特化したA&Gを設立。

主な在籍デザイナー
アマール・ゲソース氏
(A&G
(ライオンハート 同社別ライン
(セルティックアーツ 自身のブランド

主な元在籍デザイナー
ギローム・パジョレック氏
(BWL   85年頃 手伝い!?
(ガボール 在籍89年~91年頃
(クロムハーツ 製品品質管理マネージャー 在籍91年頃~94年
(A&G   在籍94年~99 or 00年頃
(ルシアン 自身のブランド
(アメリカンライダー 自身のブランド
(ボンダッチ アクセサリー担当→後任ミッチェル氏
(ハンチョロ アクセサリー担当
(ショット  アクセサリー担当
(ジュエリー工場 オーナー

ジョセフ・ボルトーリ氏
(クロムハーツ ガラス製品を担当
(A&G   在籍94年~95年前期
(ナグァール 自身のブランド 95年~

ジャスティン・ディビス氏
(A&G   在籍94年~96年前期頃
(ライオンハート 在籍94年~96年前期頃
(ロイヤルオーダー 自身のブランド→退社 
(ジャスティンディビス 自身のブランド→?


元在籍デザイナーが一往にA&Gの頃の話をしないのは
たぶん待遇面で何かあったのではと推測されます。

初期A&Gの作品の中にはキングベイビーのミッチェル
・バインダー氏のクロスやイーグルとほぼ同じ意匠や
親交のあった故ガボール・ナギー氏がデザインを提供
したものも幾つかあったりして面白いです。

RedEyes_Archive 004 [Archive]

res011.jpg
Anchor Hocking
Fire-King
Around 2007