So-net無料ブログ作成

草案_0531 [90’s ~]

前回の続き

☆1996
レナード・カムホート氏、娘婿のデボン・ウィラー氏とレナード・カムホートを設立

☆1996~1998
メインティングフライト発表、取り扱いは世界的に有名なセレクトショップMax fieldから独立したスタッフで立ち上げたNAKED(現在閉店)より

なめらかに美しく流れる曲線美の造形と噛みつく場所やその組み合わせによって多彩な表情を見せるクラスプ、なによりシルバーアクセサリーに音色を持ち込んだその斬新なアイデアに感動でした(懐)

日本での取り扱いは確か少し遅れて、1997年頃にNAKEDから買い付けてきてたセレクトショップが幾つか、本人から直接だと舶来堂がスポット的な取り扱いで、1998年頃にMICが代理店に

この時代はかなり数が少なかったですが、レナード・カムホート氏が最初から最後まで直接手を入れた作品(鋳造だけはたぶん外注だったのかも)が流通でした

最初期から初期は制作が職人気質らしくマイペースでガボールと同様にとにかくモノがない状態でした

本人がMICに持ち込んだ時にはベルの一般販売用の手持ち在庫はなかったとか当時そんな噂もありました(噂話)

☆1998後半
娘リラ氏、娘婿デボン氏と制作の方向性でトラブル
終始自分のペースでやりたいレナード氏と製品として広くデリバリー体制を整えたい娘夫婦との方向性の違いにより一時仲たがい、この時期にデボン氏が主導する製品も市場に出回る

☆1999
娘夫婦と仲直り
雑誌やムックにて仲直りした旨の記事が掲載
その中のひとつを担当した友人が撮影時に「これからなので記事よろしく」とご本人より通常とは異なるサイズのベルを貰う(当時サンプル作りもかなり積極的だった模様)

TV CM効果
サントリーリザーブのCMで木村拓哉氏がシルクリンクブレスを着用した姿がTVで流れ話題に、一般的なブランドの認知度が格段に上がりブレイク!

余談:90年代中頃から木村拓哉氏=お洒落が不動のものに、スタイリストの野口強氏の抜群のセンスとその影響力はこの頃からもの凄かったです(懐)

3つのレナード・カムホート
レナード氏が一から手掛けるレナード・カムホート
レナード氏の原型とデボン氏の生産体制のレナード・カムホート
レナード氏とデボン氏の関わらないレナード・カムホート

この時期はこの3つが平行して存在しました、最後のはちょっと切ない感じですがこの時期は本当に色んな出来事がありましたとだけ・・・(><)

☆2000~
Leonard Kamhout → L-one / Lone Ones名称変更

キッシーズ発表

レナード・カムホート氏はブランドの一線から退きデボン体制に

☆2007~
当時米国で流行中だったSNSの確かマイスペース(うる覚え)上でレナード・カムホート氏と直接やりとりしていた知人からクロムハーツのファクトリーに出戻りしている事が判明!

暫くクロムハーツに在籍して、その後詳細時期は不明ですが二度目の脱退、引退して隠居生活へ

☆2016.12.31
レナード氏 享年70歳にて

心よりお祈り申し上げます(=人=)

☆言われている人物像など
左利き
ベジタリアン(ビーガンではなかった模様)
お酒と特殊なハーブが大好き
ちょっと思いつきで好き勝手言っちゃたり

クロムハーツ時代制作されたと言われているモチーフ
クロス関連
ローラー
カンパナ
バルカン
ハートダガー(ダガーの初期案はスタンリー・ゲス氏)

と長々と書いてみましたが、さてひとつの記事でまとまるのかどうか・・・(^-^;

それでは今日はこのへんで

草案_0529 [90’s ~]

自分なりにレナード・カムホート氏を追悼する記事
を書こうかとふと思い立ち、ごそごそと遠い記憶を
辿りはじめてみました

記事にする前に、もしかするとあまり一般的に知ら
れていない情報もあるかもと思い、当時の噂話など
も含め覚え書きをつらつらと

☆クロムハーツ前夜 1985~1987
建築会社で大工としての修行を断念しつつも、家具職人として一定の評価を得つつあったリチャード・スターク氏でしたが、同社が平行して取り扱っていた皮革製品輸入業のセールスに転身

BWLにも出入りするところで銀製品にも影響を受け、当時工房にいたガボール・ナギー氏(故人)やギローム・パジョレック氏とも顔見知りに、ギローム氏からバイクに乗ることを薦められバイカーに(噂話)

全米をセールスで巡回する間にジョン・バウマン氏と知り合い意気投合、既存のバイクファッションにあきたらず自分たちが身につけたいファッションを求め、彫金職人のレナード・カムホート氏を引き入れて新たにブランドを設立へ

☆1988
リチャード・スターク氏、ジョン・バウマン氏と共にクロムハーツを設立

☆クロムハーツ時代 1988~1994頃
シルバー製品のデザイン、制作を担当(クロムハーツから依頼され外注的な立ち位置だったスタンリー・ゲス氏は主に特注品やギミック等を担当)

レナード・カムホートの初期のリングがとても着け心地が良かった事とスタンリー・ゲス氏はリングの制作がどちらかといえば苦手なところから(本人談)、レナード氏はクロムハーツの中でも比較的リング制作の比重が大きかったのではと推測(個人的推測)

☆1993~94頃
クロムハーツ全体で権利、金銭トラブル
分裂の危機、何ものかによってシルバー製品の原型、ゴム型の一部がクロムハーツから外部に持ち出されるというトラブルも発生(当時業界にあった噂話)

昔の年号の型はこの時に消失、ブランド側にも帰ってこず残っていないのでこの時期以降にカタチの変わった定番モデルがいくつか存在(確実な裏がとれなかったのでこれも噂話で)

この時期に古くからクロムハーツに在籍していたスタッフもかなり脱退、本社とファクトリーが移転

☆1995
レナード・カムホート氏 一度目のクロムハーツ脱退

長くなりそうなので今日はこのあたりで

RedEyes_Archive 151 [Archive]

res0296.jpg
Apple
MD058J/A
Around 2011

RedEyes_Archive 150 [Archive]

res0295.jpg
MS-09
Around 2013

Refreshments [Other]

res0294.jpg
Snapshot

ひとやすみ ひとやすみ
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Tool_20170521 [Other]

res0293.jpg
ZIPPO
SILVER PLATE
XVI_C

今年から自動車税が115%になっており、通知書を
思わず二度見したモノです(遠い目)

ありふれた車ですが、カタチがお気に入りで愛着も
あるので大事に乗り続けたいなと思っています

さて禁煙して久しいのですが、夏に向けアウトドア
で蚊取り線香や花火する際によく使うので

今日はメンテナンスがてらオイルまで

もし壊れても永久保証で無償修理してもらえますが
今まで修理に出した記憶がない耐久性です(笑)

昔からそう変わらないこのカタチはやはり完成され
た道具ゆえなのかもしれません

そんな事をふと思った今日この頃です

RedEyes_Archive 149 [Archive]

res0292.jpg
Dorcus hopei binodulosus
Around 2009

RedEyes_Archive 148 [Archive]

res0291.jpg
Demode
Bone×lettering×embroidery
Around 1999

+resort casual style [Other]

res0290.jpg
HERMES
Cage d'H

長袖のハワイアンシャツやフレンチリネンのシャツ
も気持ちの良い季節に

ラフだけどリゾートっぽい感じで少しきれいめにも
そんなときにはこういったアイテムも重宝したり

のんびりと南国に行きたくなった今日この頃です

RedEyes_Archive 147 [Archive]

res0289.jpg
SIGMA
DP1s 16.6mm F4
Around 2011